審美歯科 オールセラミッククラウン 奥歯の白い詰め物 セラミックインレー ラミネートベニア

初めての方でもお気軽にご相談下さい
初めての方でもお気軽にお問い合わせ・ご相談下さいお問い合わせ

審美歯科

当院ではセラミック治療を中心とする審美歯科治療を行っております。

クラウン(被せ物・冠)

セラミックのクラウンにもさまざまな種類があります。

ジルコニアオールセラミッククラウン

コーピング
ジルコニアキャップ
次へオールセラミッククラウン
キャップにセラミックを焼付け

ダイヤモンドの硬さと金属のしなやかさの両方を持ち合わす素材「ジルコニア」を内側のキャップに使ったクラウンです。従来のセラミッククラウンよりも強度が高くなり、奥歯や複数歯の連結されたブリッジなどにも使用範囲が大幅に広まりました。

ジルコニアは腐食にも強く、生体親和性が高いので、医療分野でも広く使われ、歯科治療における審美性の高い素材としても注目を集めています。

オールセラミッククラウン

アルミナ
オールセラミッククラウン

ジルコニア登場以前に使われていたアルミナという素材を内側に使用したクラウンです。オールセラミッククラウンといえば以前はこれでした。とはいえ、まだまだ幅広く普及している材料です。

メタルボンドクラウン

メタルボンド
メタルボンドクラウン

金属の裏側(キャップ)にセラミック(陶材)を焼き付けたものです。セラミッククラウンとしての歴史は古く、今現在でも積極的に利用されています。

透明性や色調はオールセラミッククラウンに比べると劣りますが、まずまずの耐久性と色調があります。

ハイブリッドクラウン

ファインセラミック(陶材)と樹脂の混合材です。耐久性・加工性優れ、ある程度の粘性(硬すぎず柔らかすぎず)があるため、とくに奥歯に有効です。

ゴールドクラウン

金歯
ゴールドクラウン

セラミックではなく金ですが、審美性を除けば、金は硬さや生体親和性など観点からすると金は最高の材料といえます。適合性がよく、硬さが天然の歯と同じくらいなので、対合歯を傷めません。

インレー(奥歯の詰め物)

奥歯の詰め物(インレー)には主に3種類の詰め物を使用しております。

セラミックインレー

術前:銀歯
術前
次へ術後:インレー
術後

金属を使用せず、陶器により歯の形に作り上げた詰め物です。陶器のため、年数がたっても水分などを吸収せず変色にも強いため、きれいな状態を持続することができます。

ハイブリッドインレー

ハイブリッドインレー
ハイブリッドインレー

硬すぎず軟らかすぎず、適度な粘り強さがあるため、対合歯に優しくインレー(詰め物)に適しています。

「ハイブリッドセラミック」とも呼ばれていることもありますが、材料は70%の無機ガラス(超微粒子フィラー)と30%の有機ガラス(高密度架橋活性材料)の細かいの混合物です。

ゴールドインレー

金の詰め物
ゴールドインレー

奥歯でも色が金属色で気になる場合がありますが、それでも金のため高精度で適合性が高いのでピッタリフィットし、虫歯のリスクが低いため、人気の高い材料です。

硬さも天然歯に近いので、対合歯を傷めません。

ラミネートベニア

ラミネートベニア
付け爪タイプのセラミックです

「付け爪」タイプの薄いセラミックを前歯に貼り付ける治療方法がラミネートベニア法です。芸能人やモデルの方が多く利用する方法で、歯の隙間を埋めたり、歯の形を変えたりすることもできます。

歯の色が気になる、前歯に隙間があって気になる、前歯の形をもう少しバランスよくしたい、少しだけ歯並びを直したいけれど時間がかかるのは嫌だ、などと悩まれている方に適しています。

診療時間表

048-762-7767
10~13時 / 15時~19:30 *土曜18時まで
休診:日・祝
お問い合わせ
「西浦和駅」徒歩3分
埼玉県さいたま市桜区田島5-19-1
メゾンフェニックスFC23ビル1F
ダイエー前

診療メニュー

無痛治療

ページの先頭へ